うつ病患者への接し方|正しい知識を身につけよう

女性
  1. ホーム
  2. 周りの人の心構え

周りの人の心構え

女性

職場の人や家族が急にうつ病になってしまったらどうすればいいのでしょうか。うつ病についての正確な知識を持ち、患者本人との接し方について考えてみましょう。
ストレスが多いといわれる現代社会では、自分の身近な人がうつ病にかかってしまうことが珍しくありません。うつ病になってから慌ててどうしてあげればいいのか考えるのではなく、前もって接し方などを勉強しておきましょう。
もし突然身内がうつ病になってしまったら、どのような接し方をすればいいでしょうか。まずはその事実を落ち着いて認めることが大事です。周りの人が騒ぐと、うつ病本人はさらに気に病み回復が遅れてしまいます。うつ病というのは誰でもかかるからしょうがない、というような接し方をしてあげましょう。周囲の人がどっしりとした態度で構える事が大事です。
そして必ず適切な医療機関での受診をさせましょう。家族の人が先に相談する事も可能です。本人が診断を受ける場合も出来るだけ誰かが付き添い、うつ病の段階や症状などを聞きましょう。この時に、今後どうやってサポートしていけばいいのかという事も相談してみましょう。カウンセラーや精神科の担当医であれば、家族や周りのサポート体制についても適切なアドバイスをしてくれます。
大事な事ですが、うつ病の人との接し方として、頑張れと言ったり、早く治るといいねといったりすることはやめましょう。こういった言葉は時として逆効果になり、患者の回復を妨げてしまいます。患者本人の言う事を否定せずに聞いてあげ、長期的な治療ができる環境をつくってあげましょう。